BLOGブログ

BLOGブログ

6

GI値(グリセミック指数)|広島市安佐南区の深層マッサージリンパのエルフリーデ

ブログ

こんにちは、広島市安佐南区の深層マッサージリンパのエルフリーデの武田です。今日はGI値についてのお話です。炭水化物は体の中でブドウ糖に変わり、そのブドウ糖が脳をはじめとした各組織に送られてエネルギーとなります。ブドウ糖が上手く届かないと脳に栄養が行き届かず、ボーッとしたり集中力を欠いたり、体は体でだるさを覚えるといった様々な不調が現れていしまいます。そんな状況を避けるべく、活躍している体内のホルモンが「インスリン」と呼ばれるもの。インスリンは、糖を速やかに各組織に送る役を担う、いわば“誘導係”です。食事で炭水化物や糖類を摂ると、血中の糖度、すなわち血糖値が上がります。その段階で、すい臓からインスリンが分泌され、糖を各方面に運ぶと血糖値はゆるやかに下がっていきます。インスリンの分泌量は、血糖値の上がり具合によって変化します。大食い、早食いをして血糖値が急激に上がったら、その分、インスリンも多く分泌されることになります。すると糖を脂肪に変えて溜め込もうとします。血糖値が急に上がり、インスリンによって急に下がるということは、すぐにお腹が空いてしまうことにもつながり、結果的に間食を摂り過ぎてしまうことにも。この状況を回避するためには、インスリンを過剰に分泌させない、血糖値を急激に上げないことが、食べても太りにくい状況を作ることになります。炭水化物が分解され、糖に変わるまでのスピードを現した数値がGI値(グリセミック指数)です。GI値の低い食品は、血糖値が急激に上がることの抑制効果が期待できる食品といわれています。逆にGI値の高い食品は、血糖値を急に上げてしまうことになります。GI値を考えると白米より玄米、ジャガイモよりキノコ類や葉物、チョコレートよりナッツ類が良いです。広島市安佐南区の深層マッサージリンパのエルフリーデ、安佐南区祇園のイオンモールより徒歩2分です。

RELATED

関連記事

PAGE TOP