BLOGブログ

BLOGブログ

6

BMAL-1|広島市安佐南区の深層マッサージリンパのエルフリーデ

ブログ

こんにちは、広島市安佐南区の深層マッサージリンパのエルフリーデの武田です。今日はBMAL-1(ビーマルワン)についてのお話です。BMAL-1は脳と筋肉で時計遺伝子のような働きをします。人間は太陽に合わせ自然と調和して生きていくための「体内時計」をもっています。その体内時計により1日約24時間のサイクルに合った体内活動が行われているわけですが、BMAL1はこの体内時計を制御し、正しく保つ役割をしたタンパク質のことなのです。BMAL-1は脂肪細胞の中で脂肪酸・コレステロールの合成を活性化させるのと同時に、脂肪酸の分解を抑制する効果があります。つまり、BMAL-1が多いときに食事をすると脂肪として蓄積されやすいのです。人間の身体は就寝時間帯にあわせ身体にエネルギーを蓄積するように作られています。BMAL1が少ないときを狙った食事でダイエット効果が期待できることになります。通常の体内時計を持っている人なら、大体21時頃から増え始め、午前2時頃までに増殖のピークを迎えます。そして1日で最もBMAL1が少なくなるのが14時~15時頃だといわれています。夜に食事をすると太る、と言われているのは夜に細胞内のBMAL1が増殖し、栄養が脂肪として蓄えられやすくなっているからです。トータル摂取カロリーが同じだとしても、朝に多く食べるのか、夜に多く食べるのかで太るかどうかは変わってきます。ダイエット効果を見込むなら夜の食事を気をつけることです。色々調べていくとやはり規則正しい生活が一番という話になっていきますね。中々難しいですが頑張っていきましょう。広島市安佐南区の深層マッサージリンパのエルフリーデ、安佐南区祇園のイオンモールより徒歩2分です。

RELATED

関連記事

PAGE TOP