BLOGブログ

BLOGブログ

5

5月5日|広島の深層マッサージリンパのエルフリーデ

ブログ

こんにちは、広島の深層マッサージリンパのエルフリーデの武田です。今日は5月5日こどもの日です。国に定められた祝日法2条によると、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」となっています。この日には、「菖蒲湯」(しょうぶの葉を浮かべたお風呂)に浸かる風習が今もあります。鎌倉時代以降、武士が力を持ち始めます。菖蒲(しょうぶ)という響きが勝ち負けを表す勝負(しょうぶ)や、武道や武術を重んじる尚武(しょうぶ)という言葉と同じ音であることから、5月5日は男の子の節句として広まっていきました。古代中国では、雨季を迎える5月は病気や、わざわいが増えることから強い香りをもつ菖蒲が邪気を払うと考えられ、軒に菖蒲を飾ったり、菖蒲湯に入ったり、お酒に浸して飲んだりして無病息災を願う行事を行っていました。それが日本に伝わり、季節の変わり目の端午の節句には、厄除けや、子どもの健やかな成長を願って菖蒲湯に入るようになったと言われています。他にかしわ餅やちまきを食べますが、柏の木の葉は、新芽が出るまで古い葉が落ちないという特性があるため、家系が絶えないという縁起物として食べられてきました。「ちまき」は中国から伝わったもので、難を避ける厄払いの力があるとされて、男の子の健やかな成長を願って食べられてきたそうです。他に鯉のぼりをあげる、5月人形を飾るなど子供の幸せを願う気持ちに溢れる一日を大事に過ごしたいと思います。広島の深層マッサージリンパのエルフリーデ、安佐南区のイオンモールより徒歩2分です。

RELATED

関連記事

PAGE TOP