BLOGブログ

BLOGブログ

12

リンパ節|広島の深層マッサージリンパのエルフリーデ

ブログ

こんにちは。広島の深層マッサージリンパのエルフリーデの武田です。今日はリンパ節の話です。

リンパ節とは、からだの各所に多数分布しているそら豆状の器官です。直径2〜20mmほどの大きさで人体内に400〜700個ほどが関所のように存在しているとされています。リンパ液中のいらない物を濾過(ろか)したり、免疫細胞たちが、皮膚(ひふ)などから入ってきた抗原(こうげん)〈細菌(さいきん)やウイルスなど〉とたたかって処理する場所でもあります。大きなリンパ節は、喉頸(のどくび)の下、両脇(わき)、腹部、脚(あし)の付け根、膝(ひざ)などにあり、あやしい微生物(びせいぶつ)を通さないように見張っています。リンパ節内では、T細胞、B細胞、B細胞がパワーアップした形質(けいしつ)細胞、それに大食のマクロファージや連絡係の樹状(じゅじょう)細胞などが、リンパ節に入ってきた抗原をチームワークで処理しています。そして免疫細胞の50%以上が小腸・大腸に存在しています。広島の深層マッサージリンパのエルフリーデ、安佐南区イオンモールより徒歩2分です。

RELATED

関連記事

PAGE TOP