BLOGブログ

BLOGブログ

12

リンパ液|広島の深層マッサージリンパのエルフリーデ

ブログ

こんにちは 広島の深層マッサージリンパのエルフリーデの武田です。今日はリンパ液についてのお話です。
毛細血管から身体の組織に染み出た血漿や白血球などが組織液となり、栄養や酸素を身体の隅々まで行きわたらせ、老廃物と二酸化炭素を含んだ組織液が毛細血管に戻る際、取りこぼした約10%がリンパ管に吸入され、リンパ液となります。リンパ液はやや淡黄色の透明の液体ですが、一部腸壁からくるリンパ液は消化管で吸収された脂肪を含んでいるため乳白色をしており「乳び」と言われています。リンパ液は血漿とほとんど同様の組成ですが、多数のリンパ球を含んでいるのが大きな特徴で白血球の一種です。リンパ球はさらにB細胞(Bリンパ球)T細胞(Tリンパ球)NK(ナチュラルキラー)細胞などに分類することができます。NK細胞は生まれつき持っている免疫細胞でウイルスなどの病原体に感染した細胞を攻撃します。B細胞は病原体に対しての抗体をつくり、T細胞は自らが働き体を防御し、一度侵入した病原体を記憶しすばやく対応、排除する働きを持っています。広島の深層マッサージリンパのエルフリーデ、安佐南区イオンモールより徒歩2分です。

RELATED

関連記事

PAGE TOP