BLOGブログ

BLOGブログ

4

マッサージの効果|広島の深層マッサージリンパのエルフリーデ

ブログ

こんにちは、広島の深層マッサージリンパのエルフリーデの武田です。今日はマッサージについてのお話です。ケガや病気などの処置をする医療行為を「手当て」と言います。その言葉の由来は諸説あるようですが私たちが自然にお腹が痛かったりする時に手を当てて得られる癒し効果が原点という説があります。お腹が痛いときに手で腹部をなでる、不安や緊張を感じるときに手で頬に触れて気持ちを落ち着かせる。人からやさしく触れられたりすることでリラックスしたり、幸福感に包まれたりした経験がある人も少なくないことでしょう。なぜ手で肌や体に触れると痛みが和らいだり、心が穏やかになったりするのでしょうか。その理由の一つとして挙げられるのが「絆ホルモン」「幸せホルモン」と呼ばれるオキシトシンの存在です。オキシトシンは人の脳で合成され、分泌される物質で、主にホルモンや神経伝達物質としての働きがあります。愛情がこもった皮膚刺激は安らぎを与え、ストレスを緩和します。エルフリーデのリンパマッサージはゆっくり身体の奥まで浸透するようにおこなっていきます。リラックスすることが心にも体にも良い効果をもたらすことを実感しているからです。広島の深層マッサージリンパのエルフリーデ、安佐南区イオンモールより徒歩2分です。

RELATED

関連記事

PAGE TOP